So-net無料ブログ作成
検索選択

秋葉原無差別殺傷初公判 遺族「なぜ事件起こしたのか」(産経新聞)

 どうして息子が死ななければならなかったのか。秋葉原無差別殺傷事件から1年半余り。大学生の長男=当時(19)=を奪われた男性(55)は「真相を知りたい」との思いを胸に、28日の初公判を迎えた。

 あの日、事件を知らされ、現場付近へ駆け付けると、いつも通り自宅から送り出した長男が仮設の遺体安置所で横たわっていた。

 友人と歩いていたところを加藤智大被告(27)のトラックにはねられた。夢だと信じたかったが、司法解剖後に帰宅した亡きがらを見て、長男の死を実感。冷たくなった体を抱きしめ、涙が止まらなかった。

 自宅にはたびたび同級生らが訪れ、思い出を語ってくれた。昨年1月には、長男が出席するはずだった成人式にも参加。「夢や未来を奪われて無念だっただろう」と心情を思いやった。

 昨年11月、加藤被告から手紙が届いた。その時は読む気になれず、約1カ月後に目を通すと、謝罪する一方で「事件のことはよく覚えていない」と記されていた。怒りがよみがえった。男性は「死刑にしてほしいのは当然だが、多くの人を苦しめた事件をなぜ起こしたのか、本人の口から聞きたい」と、公判の傍聴を続けるつもりだ。

【関連記事】
(1)「おわびをさせてください」加藤被告、背筋を伸ばして謝罪
歩行者天国中止、客足減…影響続くも事件は風化 アキバの今を歩く
秋葉原殺傷初公判 加藤被告 無関心から反省、謝罪の言葉も
秋葉原殺傷初公判 加藤被告「申し訳ありません」と謝罪
街と社会を大きく変えた…アキバ無差別殺傷事件の傷跡

おでんセットからまた針 千葉のスーパー(産経新聞)
【中医協】医療技術72件の新規保険適用を了承(医療介護CBニュース)
「橋下党」今春にも結成…大阪府市再編支援(読売新聞)
雑記帳 大井川鉄道で「受験生応援SL」運行 静岡・島田(毎日新聞)
長崎漁船沈没 救命胴衣290キロ漂流 鹿児島沖で発見(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。