So-net無料ブログ作成

振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)

 中小企業向け融資を専門に手がける日本振興銀行(本店・東京都千代田区)が金融庁の検査の際、電子メールを削除するなどの検査妨害を行った疑いが強まったとして、警視庁は、銀行法違反(検査忌避)容疑で同行の強制捜査に乗り出す方針を固めた。

 11日午後にも、同行本店など関係先の捜索に乗り出す。

 金融庁はこれに先立ち、法人としての同行などを同法違反容疑で刑事告発する方針で、警視庁は今後、同行の役員らから事情を聞くなど、検査妨害の全容解明を進める。

 金融庁などによると、同行の役員らは2009年6月〜今年3月までの同庁の立ち入り検査に際し、同行のサーバーから検査対象となる電子メールを意図的に削除するなどし、検査を妨害した疑いが持たれている。削除されたメールには、同行が、出資法で定める上限金利(29・2%)を大きく上回る45・7%の金利で貸し出しを行っていたことを示す内容や関係先企業との取引状況などが記されていたとされている。

参院選控え、警告371件=選挙取締本部設置へ―警察庁(時事通信)
自民 16日に内閣不信任決議案提出方針固める(毎日新聞)
名簿業者から購入、9千人データ振り込めに悪用(読売新聞)
大阪のパチンコ店刺殺事件 男を鑑定留置(産経新聞)
<虫刺され>虫の種類で症状はさまざま かゆみや赤み 命にかかわるハチ(毎日新聞)

ポスト鳩山は菅副総理最有力 「小沢離れ」志向か(J-CASTニュース)

 鳩山由紀夫首相(63)が退陣を表明し、「ポスト鳩山」に注目が集まっている。首相後継選びは菅直人・副総理兼財務相(63)が軸になるとみられ、2010年6月2日夕、新聞やテレビは、菅氏が代表選への立候補の意向を固めた、と報じた。

 鳩山首相は2010年6月2日朝、急遽辞意を表明した。早速「後継選びは菅氏が軸に」(毎日)、「後継レース、副総理が軸」(共同通信)、「後継、菅副総理が最有力」(産経)などのニュースが各社のウェブ版に流れ出した。

■副総理が昇格するのは自然

 同党の渡部恒三・元衆院副議長は5月29日、福島県内の会合で、ポスト鳩山について、菅氏・前原誠司国土交通相(48)・岡田克也外相(56)の3人の名前を挙げ「だいたいこの3人のうちの1人であることは間違いない」と話していた。

 菅副総理が「軸」「最有力」なのはなぜか。鍵を握るのは、150人規模の党内最大勢力を率いる小沢一郎・民主党幹事長との「距離感」だ。菅氏は小沢氏と比較的近いとされ、岡田・前原両氏らは小沢氏と距離を置いている。直接的な小沢派と反・非小沢派の全面対決の構図になってはしこりが残り、参院選にプラスにならない、との懸念が出る中、菅氏なら双方が歩み寄りやすいのでは、という訳だ。加えて「参院選を直後に控える非常事態なので、副総理が昇格するのは自然だ」と、「据わりの良さ」を指摘する声も挙がる。

 もっとも、「菅首相」では、今回幹事長を辞職する小沢氏の影響力を強く残し過ぎるのでは、との懸念も出ている。この点を菅サイドも気にしているようで、今後「小沢離れ」をアピールしていくのではといった推測も出ている。

■後援会事務所に支持者らから応援の電話

 「首相に最もふさわしい政治家」をきいた5月末の共同通信世論調査によると、菅氏は9.3%と2番手に浮上した。1位は舛添要一・新党改革代表(15.7%)。前原氏は8.3%で4位、岡田氏は6.5%で6位だった。

 インターネットのポータルサイト、ヤフーの「リサーチ」欄で6月2日から始めた「次の首相はだれがいい?」では、2日夕現在(参加2万1000件強)、1位は前原氏で27%だった。2位以下は、「その他の野党議員」19%、菅氏15%、岡田氏13%と続いた。調査は、与党議員9人の名前を挙げ、「わからない」などを含め計12の選択肢から選ぶ形だ。

 菅氏の後援会事務所(東京)に2日夕電話をしてみると、「首相後継は菅氏軸」などの報道を見た支持者らから応援の電話などが「いろいろ入ってきた」ということだった。数や詳細な内容は公表していない、としている。

 「ポスト鳩山」について民主党は、2日後の6月4日に代表選を告示し、同日中に両院議員総会で新代表を選出することを決めた。参院選を控えており、任期途中の代表辞任でもあるため、党員・サポーター投票は実施しない。


■関連記事
鳩山首相が辞意 議員総会で伝える : 2010/06/02
郵政法案たった6時間で強行採決 野党激怒「前代未聞の暴挙」 : 2010/05/31
世論調査で民主党凋落一途 参院選投票先で「自民」と逆転も : 2010/05/31
鳩山辞任、賛同47% 次期総理には「菅直人」 : 2010/06/02
職場での「2ちゃんねる」閲覧禁止 大企業の約6割 : 2010/06/02

家畜伝染病予防費は「改善」=農水・財務両省が仕分け(時事通信)
待機児童1万7000人 共産党都議団発表(産経新聞)
「猫の目」教員免許、先読めず現場困惑(読売新聞)
「銀行強盗するため」 交番で拳銃奪おうとした包丁男逮捕(産経新聞)
「抱っこ」で乳児にアザ・骨折、不審女が十数件(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。